« 法令上の制限の勉強法 | トップページ | 宅建士試験の予定 »

2019年7月31日 (水)

税その他の勉強法

税その他もまた範囲が非常に広い科目です。そのため、効率よく勉強する必要があります。

特に5点免除受験生は2点のためにたくさんの税金の勉強をすることになりますからね…

税金はというと、「固定資産税」「不動産取得税」「所得税」「印紙税」「登録免許税」「贈与税」と、まあ、たくさんの法律が範囲ですよね。
これだけの法律が試験範囲なのですが、税金に関する問題は2問しか出ないわけです。税理士試験ではないのですから、法改正に気をつけながら過去問をしっかりとつぶしていくのが効率のよい勉強法といえます。

5点免除の方はそれでいいのですが、その他の方には「その他」という部分があります。

「その他」というのは統計問題をはじめ、住宅金融支援機構や不当景品類及び不当表示防止法などから出題されるのですが…

まず、統計問題は、各予備校がまとめを出したり、特別講座を開講したり、書籍も出たりしますので、自分に合うものを選んで勉強して下さい。この統計問題に限っていえば、過去問をやる必要はありません。むしろ、過去問をやると混乱しますので過去問の統計問題は飛ばして下さい。

その他、住宅金融支援機構は重要ですので、しっかりと理解して下さい。

不当景品類及び不当表示防止法も重要なのですが、ここは「常識」で解ける問題もあります。過去問をしっかり勉強しておくことは重要ですが、ここを深入りする時間があるなら、宅建業法をはじめ、他の配点の高い科目を勉強した方が得策です。

 

これで各勉強法のアウトラインはお伝えしました。

とはいえ、時すでに7月末。そう、宅建試験まであと2ヶ月半というところですね。

今年受験の方にはわかりきった情報だと思いますので、このブログは今年の受験が終わった後、来年の受験生向けに記事作成を再開したいと思います。

今年受験の方は頑張って下さいね。

|

« 法令上の制限の勉強法 | トップページ | 宅建士試験の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 法令上の制限の勉強法 | トップページ | 宅建士試験の予定 »