« 宅建業法の勉強法 | トップページ | 税その他の勉強法 »

2019年7月25日 (木)

法令上の制限の勉強法

「法令上の制限」と言われても何のことかわかりませんよね?

法令上の制限で出てくる法律の主なものは、国土利用計画法、都市計画法、建築基準法、農地法などです。

国土利用計画法というのも聞いたことないですよね?毎年、どこの土地がどの位上がったよ、下がったよ、という地価の情報を聞く人もいると思いますが、地価が爆発的に上昇するのを抑制している法律なのです。また、土地を合理的に利用するために、事前に、事後に、こういう届出をしましょうねということを定めた法律です。

都市計画法とは、より良い街づくりのためにどういう計画をしていくのかについての法律です。これによって、開発行為をどうするとかを定めています。

建築基準法は聞いたことがある人も多いと思います。家を建てる時にこういうルールにしましょう、というものなどです。近年、大きな地震がたくさん起きていますが、耐震基準なども建築基準法で定められており、昔から何度も見直されています。法令上の制限の中では、私たちの生活の中で一番身近に感じる法律かもしれませんね。

農地法とは、農地の売買や農地を他の目的に転用する際に関連する法律です。農地を守ろうという観点から、農地は勝手に売買したり、勝手に埋め立てて家を建てたりすることはできないのです。こういう時にはこういう手続きをしましょうね、ということが定められています。

こんな法律の集まりが「法令上の制限」といわれる科目ですが、法改正情報には目を通しつつもしっかりと暗記していきましょう。事前か事後か、数字、届出をする先など、ひっかけるポイントが多いので、正しい情報をインプットし、過去問をはじめ、アウトプットの際に混同していないかをしっかりチェックしていきましょう。

|

« 宅建業法の勉強法 | トップページ | 税その他の勉強法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宅建業法の勉強法 | トップページ | 税その他の勉強法 »